イギリス T-Mobile(現EE)プリペイドSIM

※こちらの記事は以前https://blog.starways.jp/2010/11/tmouk_pay_as_you_g/ のアドレスにて公開していた記事を復旧させ加筆したものです。

イギリスではプリペイド携帯の事を”Pay as you go(使った分だけ支払い)”と呼びチャージを”top up”と呼んでいます。refillですとかrecharge my prepaid cellphoneと言っても通じないことはないですが、せっかくなのでイギリスではぜひイギリス英語を使ってみてください。

さて今回取り上げるT-Mobile UKは2010年夏にフランステレコム系のOrangeと合併し、イギリス国内ではキャリアショップとしてEE(Everything, Everywhere)を運営しています。但しサービス名称は2013年4月時点でもそれぞれT-Mobile, Orangeを使用しています。

T-MobileのプリペイドSIMカードは2010年2月にロンドンを訪れた際に事前にウェブから申請し、無料でホテルまで送ってもらいました。
[T-Mobile UK] Free pay as you go SIM cards
その時にはMini SIMしか選択肢がありませんでしたが今はiPhone 4/4S用にmicroSIM、iPhone 5用にnanoSIMも用意があるようです。ただしこれらは10ポンドのTop upをあらかじめする必要があるようです。日本のクレジットカード決済が出来るかどうかは不明ですので、無料SIMを送ってもらいSIMカット、動作確認した上でトップアップを行った方が賢明かと思います。
[T-Mobile UK] SIMs Loaded with credit
※ホテルによっては事前に何か送っても取り置きしてくれない可能性もありますので、宿泊先にお問い合わせされることをお勧めします。

T-Moible UK Pay As You Go詳細

入手方法について

  • SIMカードは送付してもらう事が出来れば無料。E-Top UpカードというTESCO(現地大手スーパー)等でのリチャージ用カードと共に送付してくれる。ただしホテル住所が必要、かつそれなりのホテルでないと到着前に保管はしてくれないかもしれない。
  • もし送付不可の場合はヒースロー空港到着後、ターミナル3なら税関検査を出たところすぐに各キャリアのSIMカード自販機があり、そこで購入可能。ただしSIMだけで10ポンド必要。
  • Oxford Circus等にT-Mobileのショップがあるので、そこで入手することもおそらく可能だと思われる。費用は不明。
    →今はEE Shopになっています。

料金について

  • データ通信はそれぞれ5日間2.5ポンド(約350円)、1か月間5ポンド、6か月間20ポンドで使い放題という太っ腹な価格設定。(日本円換算値は1ポンド約135円)
  • ただし所定内容のSMSを事前に所定の番号に送る必要あり。詳しくはPay As You Go Boostersのページ内にあるInternet Boostersを参照。例えば5日間定額の場合WEBと書いたSMSを441に送信する。
  • さらに嬉しいのが、パケット定額ではないもののヨーロッパ内特定国に限りEuro Internet Boostersというものを利用すれば最大50MBまで10ポンドで利用可能なため、イギリス+1国に2~3日滞在する場合も便利に使える。
  • 通話料金も非常に安く、料金表を見ると日本への電話は携帯で電話宛ででも1分10ペンス(=約15円)で利用可能。
  • 料金について詳しくはT-Mobile UKオフィシャルサイト参照。

その他

Twitter等のソーシャルネットワーク系サイトはContent Lockと称するフィルタリングによってSafariでは閲覧できません(T-Mobileのストアで年齢確認の上解除は可能な模様)。Twitterはクライアント経由で利用可能です。

チャージについてはTESCO等でE-Top Upカードを提示し、買い物のついでにTop up 5 pounds please.といった形で行うと買い物のレシートとは別にトップアップした旨レシートをくれます。実際にはすぐにトップアップされていますが、5分くらいでT-Mobileよりトップアップを受け付けた旨SMSが届きます。

有効期限は180日間で(Pay As You GoのTerms&Conditionsに記載有り)、その間に1回でもTop Upもしくは残高が減るようなことがなければ番号が無効になります。私の場合はこれからもたまにイギリスに行く機会がありますので、My T-Mobileに登録し、日本のカードでTop Upが出来ることを確認したため今後180日に1回1ポンドTop Upすれば番号は維持できそうです。

電波状況についはロンドン中心部であればまず3Gで使え、スピードはこんな感じです。

現地時間朝から何やっているんだというツッコミはさておき…

ただし、ロンドンは日本と違って地下鉄の駅構内であっても全く電波は入らない、という点と少し郊外に行くとEDGEになり速度が遅くなる、点については気を付けてください。実際、ウインザー、バース、ストーンヘンジあたりでは頻繁にGSMに切り替わりました。3Gに慣れているとEDGEのスピードはかなり遅く感じます。
※電波状況は2010年の記事掲載当時の感覚です。それ以降何回かロンドンに渡航していますが、2012年夏頃からOrangeのカバレッジと本格的に統合された為電波状況は良くなっていると思われます。

地下鉄での利用について

2012年夏のロンドンオリンピックを前に一部の地下鉄駅構内ではWi-Fiが整備されました。T-Mobile(EE)の契約者はWi-Fiを駅構内で使うことができます。EEWIFIと書いたSMSを9527に送信すると、下記の様なパスワード付きメッセージが返信されてきます。

20130427-171256.jpg

Tube stations with Wi-Fi
上記リストにある駅構内でWi-Fiを検索し、Virgin Media WiFiに接続した上でEEの契約者としてSMSで送られてきたパスワードを使ってログインします。かなりの駅でWi-Fiが使えますので通話はできないものの簡単な調べもの程度でしたら地下鉄駅内でも行うことができるのは大変便利です。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください