台湾モバイルの3G SIMを番号そのまま4G SIMに交換してきた

TaiwanMobile_3G4GSIM
少し前になりますが、台湾モバイルの3G SIMを番号そのままで4G SIMに交換をしてきました。

今回訪れた店舗

交換をお願いしたのは、台北駅前のシーザーパークホテル台北(Caesar Park Hotel Taipei)1階に入っている台湾モバイルの店舗。

松山空港到着後、平日の夕方15時ごろに訪れましたが比較的空いていて、番号札を取って待っているとすぐに呼ばれました。

中国語は全く話せないので、英語で対応していただきましたが、すぐに意図を汲み取ってくれパスポートと既存のSIMを渡すと確認書類をくれ、サインして手続きをします。

SIMは翌日の朝に切り替わるということで、SIMカード本体に日付を書いてくださいました。
TaiwanMobile_4GSIM

4Gデータパッケージの内容

数年前まで台湾モバイルは英語版のサイトが企業情報のみでサービスの情報やログインしてのチャージなどはすべて中国語のサイトしかなかったのですが、改めて確認すると英語版でもサービス内容やログイン後のチャージができるようになっているようでした。

Taiwan Mobile Product & Service

3Gから4Gに切り替えるにあたり、3Gプランだと容量制限のない日数型なのですが4Gプランにすると基本的に容量制になってしまうのが気になっていたものの、いろいろと考えた末に変更をすることにしました。 (容量制ではなく24時間定額で100台湾ドルのプラン、30日間定額で899ドルのプランもありますが、台湾滞在はだいたいいつも3日間くらいなので3日間定額で250台湾ドルだった3Gデータパッケージよりも少しだけ割高な印象だったので切り替えに躊躇していました。)

4Gプランの内容は次の通りです。

容量有効日数価格535にかけたあと押す番号
※2016年5月時点
1.2GB60日180台湾ドル1
2.2GB60日300台湾ドル2
5GB90日699台湾ドル3
8GB185日1,000台湾ドル店頭もしくはe-storeでのみ申し込み可能

4Gデータパッケージを自動音声で申し込み

4Gデータパッケージは自動音声サービス535にダイヤルして申し込みが可能です。
535→2(英語を選択)→1(データパッケージ選択)→2(New Generation=4Gパッケージの選択)
ここでデータパッケージが説明されるので、上記プランの表に基づきデータパッケージの番号を入力、たとえば1.2GBプランの場合は1を押す。
その後、確認の説明がなされる(結構長い)ので、よければ1を押すと再起動を促されて終了。

交換翌日早速使ってみる

翌日、アプリで契約内容を確認するとちゃんと4Gになっています。
TaiwanMobile_App
上記の通り535に電話をして音声ガイダンスで1.2GBパッケージを申し込みました。

すぐにSMSが来て、端末を再起動する様促されます。
TaiwanMobile_SMS

残容量の確認方法

上のSMSにも書いてある通り*867*100#に発信すると画面上に表示されます。
TaiwanMobileBalance

台湾モバイル、データ通信パッケージの有効期限近くになるとSMSでリマインドが来るようになっています

個人的なメモになりますが、先日台湾モバイルのデータ通信パッケージ(5日間型)を使用した際、4日目にあたる日に有効期限前日である事を知らせるSMSを送って来てくれました。

TWM remind

5月15日に5日間型を申し込みしたので期限は5月20日23:59になりますが、それを知らせるSMSが5月19日に届きました。

以前3日間型を何回か使った時にはこういった通知は来なかった様に記憶しています。こういった通知が最近になってくるようになったのか、もしくは3日間型だけは来ないのか不明ですが、個人的なメモ記事でした。

台湾モバイルのSIMをオンラインでチャージ(2)アプリ利用編

以前ご紹介した台湾モバイル(台湾大哥大)のプリペイドSIMを台湾モバイルのiOSアプリを使ってオンラインでチャージする方法についての記事です。

台湾モバイルのiOSアプリは下記からどうぞ。(無料)

Continue reading

台湾モバイルのSIMをオンラインでチャージ

以前ご紹介した台湾モバイル(台湾大哥大)のプリペイドSIMを日本からオンラインでチャージする事に成功しましたので、方法について記事にしたいと思います。

なお、オンラインでのチャージには台湾滞在中にSMSにてパスワード取得が必要ですので、以下のHi-BEAMさんによるブログをご覧になって登録作業を済ませておいてください。

台湾モバイル(台灣大哥大)プリペイドSIMをオンラインでチャージする | Hi-BEAM blog

taiwanmobile001

台湾モバイルのウェブサイトにアクセスし、左の真ん中あたりにある”預付卡儲值”をクリックします。

※あいにく右上のEnglishをクリックしても企業情報等の英語版が表示されるだけで、チャージなどが出来るサービスサイトに英語版はない模様。

taiwanmobile002

次のページ右上の”登入”をクリック。

taiwanmobile003 

登録済みの電話番号とパスワードでログインします。

taiwanmobile004

メニューが出るので”繳電話費”の”使用信用卡”をクリック。

taiwanmobile009

するとなぜかログイン済みにもかかわらずPrepaidユーザーしかこの機能は使えませんといったメッセージが出るので、構わず”信用卡網路儲值”をクリック。(出ないときもあるので、違いは不明…このエラーメッセージが出ない場合は次の画面が表示されます)

taiwanmobile005

チャージする金額と、カード番号等を入力します。なお、一般話費としてチャージしてもデータ通信定額に申し込めばこの金額から差し引かれるはずなのですが、まだ検証はしていないので後日追記したいと思います。

taiwanmobile007

確認画面がでます。

taiwanmobile008

この画面が出ればチャージ成功です。

元の記事でもお知らせしましたが、台湾モバイルの有効期限は180日間なのでこの方法を使って6か月毎にチャージをすれば番号が維持出来る事になります。

(2013/10/31追記)一般話費としてオンラインでチャージした残高を元に、データ通信定額の申し込みが可能なことを台湾再訪時に確認しました。SIMを入れた状態で台湾国内から535に電話を掛け、2を押すと音声ガイダンスが英語になります。その後1を押すと何日定額にするか聞かれますので、音声ガイダンスに従って希望の番号を入力。申し込みが完了したら15分以内にSMSを送ります、と言われるので電話を切ります。このSMSが送られてくるまでは念のためデータ通信OFFにしておくことをお勧めします。

20131031-092624.jpg申し込み完了を知らせるSMS。

歡迎使用手機無限上網服務,請手機重新開機即可使用。服務結束是2013/10/18 02:29PM,查詢效期請撥打535(訳:定額インターネットサービスへようこそ。使用するには端末を再起動させて下さい。期限は2013/10/18 2:29PMまでです。サービスの期限は535に電話しても確認できます。)

(2013/11/5追記)535へ電話した時には具体的に以下のような順番で番号を選択していきます。

  1. 535に電話を掛けると、中国語→英語の順でアナウンスがあるので2を押して英語のガイダンスを選択する。
  2. Mobile Internetサービスの申し込みをするには、1を選択する。
  3. 1を押すと1日定額/100台湾ドル、2を押すと3日定額/250台湾ドル、3を押すと5日間定額/350台湾ドルのデータパッケージに申し込みが可能。好きなものを選び、番号を押す。
  4. 確認のアナウンスが流れるので良ければ1を押す。
  5. 申し込み完了、15分位でSMSお送りします、と言われる。

また、台湾モバイル提供のiOSアプリを使ってチャージする方法も記事にしていますのでご参照ください。

台湾モバイル(台湾大哥大) プリペイドSIM

台湾に行ったときに台湾モバイル(台湾大哥大)のプリペイドSIMカードを桃園空港で購入しました。

今までは松山空港を使っていたので、中華電信のSIMカードを持っていたのですがあいにく前回の滞在から180日間空いてしまい番号が抹消されてしまいました。桃園空港では、3社(中華電信、台湾モバイル、遠傅電信Far EasTone)のSIMを販売しているので慣れている中華電信でも良いかと思ったのですが、台湾モバイルであれば日本からもクレジットカードでチャージできるという情報を得たので今回は台湾モバイルのSIMを購入する事にしました。

Continue reading