ANAビジネスクラス NH1077 シアトル~東京(成田) 787搭乗記

ANAの特典航空券で787運航路線であるシアトル~東京(成田)のANA BUSINESS STAGGEREDを利用した際の搭乗記です。NH1077便はシアトル13:05発、東京(成田)へ翌日16時着のスケジュールでした。

20131029-111452

こちらはビジネスクラス及びスターアライアンスゴールド会員が利用できる空港公団所有のClub International Loungeです。

20131029-111610

簡単なスナック類や、カップラーメンが置いてあります。シアトルと言えばクラムチャウダーですが、スープ2種類のうち1つが美味しいクラムチャウダーでした。

このラウンジは他社との共用ラウンジですが、ANAの東京行きの時間帯は他社は発着がない為かラウンジの受付にはANAの制服を着た日本人スタッフの方がいらっしゃいました。ラウンジでのサービスについて、例えば軽食を用意している事やWi-Fi接続方法についてこまめにアナウンスをしていたり、問い合わせに丁寧に答えたりしている姿が印象的でした。

20131029-124022 

さて搭乗券に記載された搭乗予定時刻からは少し遅れて搭乗開始となりました。5Kという787では最前列の窓側を事前に予約していたので、個室感覚で利用できました。アメニティキット(ロクシタンのリップクリーム等がポーチに入っている)は座席にセットされています。

当ブログではエバー航空のロイヤルローレルクラスを絶賛しておりますが、ANAのスタッガードタイプのビジネスクラスもなかなかよかったです。特に、シートの背もたれや座面を個別に動かす事が出来るのがロイヤルローレルクラスの座席と比べて優れていると思います。(ロイヤルローレルクラスの座席は、基本的にすべてがリクライニングと連動しているため、座面だけを少し前後に、といった移動は不可能)

また、液晶ディスプレイが目の前にあるので離着陸時もエンターテインメントシステムの利用が可能です。エバー航空のロイヤルローレルクラスはディスプレイが収納式となっており、離着陸前には定位置に収納しないといけませんので、利用が制限されます。

逆に787型機の特性なのかはわかりませんが、窓側は天井が低く注意をしていないとしょっちゅう頭をぶつけてしまいますので身長のある方は注意が必要かと思います。

20131030-055414 

さて、離陸後すぐに食事のサービスが始まりました。

20131030-060713

前菜。

20131030-064025

ステーキは洋コースでしたが、14日間日本を離れていたこともありパンではなくご飯とお味噌汁をお願いしました。ちょうど良い焼き加減で美味しかったです。

 20131030-070317

デザートのタルトと小さいケーキです。アメリカ製だからなのか?美味しいですが少し味が濃く甘ったるい印象。

 20131030-081759

787といえばトイレにウォッシュレットと窓ということで写真を1枚。座席のもそうですが窓がやはり大きいです。それに加え乾燥もほかの機種と比べると緩和されている気がします。

20131030-132721

到着前の和食のトレー。外地発の割に魚が美味しかったのが印象的です。ただ、和食プレートのデザートがチョコレートケーキというのは?

人的サービスについては可もなく不可もなく…といった感じでした。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください